未成年者が自分のクレジットカードを持つには?

スマホを利用していると何かとクレジットカードが必要になります。
ソシャゲの課金だったり、ネット通販だったり。
未成年者の場合、原則としてクレジットカードを作れないため、親にカードを借りて支払っていると言う人もいるのではないでしょうか。
ただ親に言えない買い物もあると思います。
そんな時はどうしたらいいのか?
このサイトでは未成年でもクレジットカードを作れる方法を紹介しています。
もちろん怪しい方法ではないのでご安心ください。

親のクレジットカードを使ってもバレない方法

クレジットカードを使うことになったきっかけは?

音楽制作で使用するソフトの購入手段に、どうしてもクレジット決済が必要になりました。
親の了承とその場の支払いを行い、親のクレジットカードの番号を控えた所から始まります。
クレジットカードの情報を入力するという手続きだけで、アッサリと購入出来てしまった事が非常に印象に残っています。
以降も音楽関連で何か欲しい時に同じような事を繰り返しましたが、次第に面倒になり、事後承諾の形で支払う事も増えていきました。

どうして何度もクレジットカードで購入したの?

ある時、音楽配信サイトで適当に曲を探していた所、試聴してすぐに気に入った作品がありました。
CDで買えたら良かったですが、その作品はデジタル配信でしか入手出来ません。
どうしてもクレジット決済が必要になったのです。
コンビニでプリペイドカードを買う事すら面倒だと思った私は、「後で払っても良いし、親が覚えていないならそのまま払わずに済む」という気持ちでクレジットカードを利用しての購入を行いました。
実際に何日経っても特に何も言われず、とうとうそれを自分で払う事はありませんでした。
親は気付かなかったのか、その値段くらいなら大丈夫と思ったのかは不明です。

それからもずっと親のカードを使っているの?

当時は親のクレジットカードを無断で使ったことに後悔はありませんでした。
しかし個人情報流出やフィッシング詐欺等のニュースを良く見かけるようになった辺りから考えが変わったのです。
親のクレジットカードをやたらと使用して良くない請求が来たら困るし、プリペイドカードで支払いが出来るならその方が安全だと思ったからです。
現在は、仕事に就いて収入も得るようになったので、なるべく親のクレジットカードを使わずに済むような買い物を心がけています。
いずれは自分のクレジットカードを持ちたいです。

▲ページトップに戻る